スパイファミリーのボンドフォージャーの能力は?犬種や年齢・過去についても解説

SPY×FAMILY(スパイファミリー)

スパイファミリーは「少年ジャンプ+」で連載中のマンガですが、2022年4月にアニメ放送され、2022年10月より第2クールが始まります。

マンガでは3巻から登場しているキャラクター『ボンド』が、いよいよ第2クールから登場します!

今回は、ボンドの能力や犬種、年齢、過去についても詳しく解説していきますのでお楽しみください。

スポンサーリンク

スパイファミリーのボンド・フォージャーの能力などプロフィールまとめ


この愛らしい犬がボンド・フォージャー、フォージャー家の一員です。

ボンドの能力:未来予知

ボンドの能力は、未来予知です。

未来予知能力は、数分~数時間先の未来の映像が断片的に脳内に再生されます。

この能力は、IQの高い動物を生み出す研究過程で偶発的に得たと思われます。

ちなみにボンドが未来を予知する時は「ぴくっ。」と耳が立つので気をつけて見てみてください。

後にこの能力がロイド・フォージャーを救うことになるのです。

ボンドの犬種:グレートピレニーズ


ボンドの犬種はグレートピレニーズです。

原作者の遠藤達哉先生がスパイファミリー公式ファンブックの中で「グレートピレニーズみたいな白くてモフモフの子にしました。」と語ってらっしゃいます。

モフモフの被毛が魅力のグレートピレニーズは、フランス原産の大型犬。

見た目はどっしりとしていますが穏やかな性格が魅力です。

モフモフな所と穏やかな感じは、ボンドと同じですね。

ボンドの年齢:不明(おじさん犬)

年齢は不明。

ボンドの見た目や作中の時系列から「おじいちゃん犬」と巷で言われていますが、原作者である遠藤達哉先生によりますと、「おじいちゃん犬」ってほどではなく「おじさん」くらいのイメージだそうです。

ボンドの過去

見かけは穏やかそうでぼーっとした白い大型犬ですが、ボンドにはつらい過去があります。

東国(オスタニア)の旧政権下、実験体8号として謎の薬を投与されたり、電気ショックを浴びせられたりと、それはそれは酷い動物実験を受けていました。

時が流れ、政権崩壊により研究は頓挫。

過酷な日々から開放されることになったボンドでしたが、今度はテロリスト達の爆弾犬として利用されることに。

最初の登場も檻の中にいたボンドですが、フォージャー家の一員になってからは居心地の良い生活を送れるようになりました。

ボンドの名前の由来:ボンドマン


アーニャは、ボンドに最初出会った時からしばらく「いぬさん。」と呼んでいました。

ある日、ロイドとヨル、アーニャの三人でボンドを散歩に連れて行った時、アーニャは手袋を無くしてしまいます。

すると怖そうなブルドッグらしき犬がアーニャの手袋を拾って口にくわえていたのです。

でも手袋は、いとも簡単にボンドが取り返してくれました。

その時アーニャは、大好きなアニメ『スパイウォーズ』のワンシーンを思い出し、手袋を取り返してくれたボンドが、主人公のボンドマンみたいだと思いボンドと名付けたのでした。

ボンドマンは黒い手袋に黒い靴、ボンドも手足が黒いため同じだと思ったのです。


スポンサーリンク

スパイファミリーのボンド・フォージャーの魅力


ボンドの可愛らしさにファンが続出しているようです。

ボンドの魅力について解説していきます。

モフモフで見た目がかわいい

まず、見た目がモフモフで白くてかわいい!

思わず抱きしめたくなります。

大きくて太い尻尾もモフモフです。

嬉しいとフリフリしています。

それから、モフモフな大きなお顔に小さくて丸い目がかわいい!

蝶ネクタイも、とても似合っていてカッコよく見えます。

ボンドの魅力はいっぱいあり、これからもいろんな顔を見せてくれるでしょう。

楽しみです!

細い姿

全身の毛が濡れてしまうとボンドの体はほっそりしてしまいます。


なぜだか鳴き声まで「ボフ。」から「ホフ。」とほっそりに変化します。

このギャップは驚きですが、そこも魅力です!

ちょっとアルパカみたいで可愛いです。

スパイファミリーのボンド・フォージャーとアーニャの関係


ボンドにとってアーニャはフォージャー家で一番の遊び相手。

ボンドが一番懐いているのもアーニャだと原作者の遠藤達哉先生も仰っています。

フォージャー家の一員になった経緯


ボンドは、ある事件をきっかけにフォージャー家の一員となるのですが、その事件は、ボンドとアーニャの出会いから始まります。

ボンドは、まだアーニャに会った事がない時から、フォージャー家の映像が頭の中で再生されていました。

生き物の心の声を聞く事ができるアーニャは、初めてボンドに出会い目が合った瞬間その映像を読み取るのです。

気になったアーニャはボンドの後を追いかけます。

この後、アーニャは事件に巻き込まれていくのですが、ボンドは自分と同じ超能力者だと気づくのです。

そして、ロイドが亡くなっている未来を見たボンドの映像を読み取ったアーニャ。

父が死んでしまうと焦るアーニャは、未来を変えるためボンドと奮闘します。

結果、ボンドとアーニャの頑張りでロイドを危機から救い無事未来を変えることができました。

この事件の後、アーニャはボンドを飼えないのなら学校をやめるとまで言い出し、ボンドはフォージャー家の一員として迎えられることになりました。

フォージャー家にやってきたボンドにアーニャが言った「おまえもう、ほーじゃーけのかぞく!」この一言は忘れられません。

「ボフ!」と答えたボンドも、とても嬉しそうでホント良かった!

未来を変える最強のコンビ

ボンドは未来を予知する事が出来る超能力者ですが、ボンドは犬。

未来を予知したとしても誰かに伝える事ができません。

ですが、アーニャは人の心が読める超能力者のため、ボンドが予知した未来を読み取ることができます。

アーニャとボンドの超能力があれば、未来を変えることが可能です。

最強のコンビですよね。

実際にロイドの危機を救うことに成功しています。

まとめ

今回はボンドについて詳しく解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

ボンドは未来を予知する能力を持っていますが、知っているのはアーニャだけ。

これからもフォージャー家にピンチが起こった時には、アーニャと力を合わせて活躍してくれることでしょう。

アーニャと出会い、辛い環境から抜け出す事ができホント良かったと思います。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました