プロポリスの健康効果を知ろう

プロポリスは、ミツバチがさまざまな樹木から集めてきた樹脂からできています。
よくハチミツやローヤルゼリーと混同されがちなのですが全く違うもので、含まれる成分も異なっています。
プロポリスにはフラボノイド、酵素、ビタミン、ミネラルなどが含まれていますが、糖分や脂質は少ないのでカロリーを気にする必要はありません。
これらの成分の中でとくに有用性が高いのが、フラボノイドです。
フラボノイドには抗ストレス作用、抗菌作用、抗ウイルス作用、抗酸化作用、コレステロール低下作用など多くの働きを持っており、天然の抗生物質とも言われています。
そのため、病気の予防などに効果的だと考えられ、古代から万病に効く薬として用いられてきたという歴史があります。
私も、数年前まではプロポリスを常用していました。
小さな茶色い瓶に入っている製品で、蓋にスポイトのようなものがついていて、それを使って数滴ずつ垂らして飲むのです。
原液には薬のような刺激臭と舌にピリピリくるような辛み、まとわりつくような苦味があり、けっしておいしいものとは言えません。
そのため、最初のうちはミルクティーに混ぜ、さらに砂糖やはちみつを入れて飲んでいました。
甘いものを入れると苦味は気にならなくなりますが、それでもやはりにおいは気になりました。
しばらくして、今度はヨーグルトに数滴垂らして食べてみました。
すると苦みやピリピリ感はほとんど気にならなくなり、独特の薬っぽいにおいもなぜか心地よく感じられるようになりました。
この方法を見つけてからは、紅茶に入れるのをやめ、もっぱらヨーグルトに垂らして摂るようになりました。
肝心の効果ですが、普段元気な時に摂っても特に違いを感じることはなかったです。
しかし、風邪をひいたときなどに意識してプロポリスを飲んだ時には、いつもより治るのが早いように感じました。
やはり、抗菌作用や抗ウイルス作用が働いたのではないかと考えています。
現在では、結婚してライフスタイルが変わってしまったので、残念ながら飲むのはやめてしまいました。
工夫すればそれなりに摂りやすくなるものの、やはりプロポリスの味や匂いはネックになっていると言えます。
液状のものはどうしても何かと混ぜないと摂りにくいので、もっと簡単に飲めるカプセル状や課粒状のものがあったら良いなと思っています。
今のところは液状のものしか見かけたことはありませんが、もっと摂りやすい商品を見かけたらぜひとも購入したいところです。

Copyright 2012 ぷろぽりすの効果.com All Rights Reserved.